丹波野生鹿シリーズ

丹波産鹿おやつシリーズ

丹波の鹿が食べている食物は農薬が使われている飼料などではなく、丹波の肥沃な大地が育む草や木の実などです。 要するに、丹波の鹿のお肉はオーガニックなお肉なのです。丹波の鹿肉は安全で安心して愛犬に与えることが出来る数少ないお肉といえるでしょう。

丹波の自然

肥沃な大地と盆地独特の寒暖差の大きい気候が特徴の 丹波は、とても自然豊かで、山の幸に恵まれています。 松茸・黒豆・栗など、数多くのおいしい特産物で有名な地域です。

兵庫県丹波市はここです。

丹波の鹿

家畜などの経済動物の生産性向上やコスト削減のためによく行われる、成長を増進させるホルモンや、 感染症等を防ぐための抗生剤などの投与をされることもなく、丹波の天然の鹿は丹波の豊かな自然の中で育ちます。

鹿肉の特性

鹿の肉

低カロリー(牛、豚の1/3)、高いたんぱく(牛、豚の1.5倍)で、脂質が少なく(牛、豚の1/80)低脂肪。だから、肥満気味の犬やシニア犬にも最適なお肉です。 動物の肉ではめずらしい、ミネラルと鉄分が豊富に含まれており、アミノ酸とミネラルのバランスがいいのも特徴です。

丹波鹿の栄養素 丹波鹿の栄養素

Fresh Factory オリジナル製法のこだわり

低温乾燥製法〜品質の違いを見比べてみてください〜

一般的な熱風乾燥などの方法は短時間で大量に生産ができるものの、 温度が高いため表面が熱により変色しやすく、黒く変色してしまう場合が多いです。 それに比べて、低温乾燥製法では湿度を除去した比較的低温の風で乾燥するため、 熱に弱い栄養素のタンパク質の変質による劣化を防ぎます。 よって、鹿肉の本来の風味や栄養がしっかりと残っています。 低温乾燥製法でつくられたおやつはお肉の赤みが残って綺麗な色をしています。 これが脂肪が酸化し変色する、いわゆる油やけやタンパク質の変質が少ないということを示しています。